Close

中九州第二学園 沿革

(帯山幼稚園・わかくさ幼稚園・帯山のぎくこども園)

昭和38年11月28日
個人立 帯山幼稚園認可設立 定員80人 創設者 後藤只子

昭和51年5月

遊戯室増築

昭和53年4月
園舎本体改築

昭和54年12月26日

個人立から学校法人中九州第二学園に設置者変更
7クラス250人定員

昭和55年11月
リズム室拡張工事
昭和56年~57年(2年間)

文部省研究指定校の出水幼稚園と協力し、幼稚園での文字指導について研究を行う。

昭和58年10月

学校保健統計実施の成績優秀により文部大臣より表彰を受ける。

昭和59年8月

第34回社会を明るくする運動に協力した功労により、熊本保護観察所長より感謝状を受ける。

昭和60年3月

「父兄負担教育費調査」の実施成績優秀により、文部大臣より表彰を受ける。

昭和61年2月

昭和60年度教育課程研究集会で研究が認められ、県代表として全国大会に参加する。

昭和61年~62年(2年間)

文部省研究協力校の出水幼稚園と協力し、幼児の基本的生活習慣や態度の形成について研究を行う。

平成元年3月
火災予防に貢献した功績により、熊本市消防局長より表彰を受ける。

平成2年10月
火災予防と防火思想普及に努力した功績により、日本防火協会より表彰を受ける。

平成3年2月
平成2年度教育課程研究集会で研究が認められ、県代表として全国大会に参加する。

平成3年8月
第7回九州地区教師研修大会で問題提起園となる。

平成5年10月
寄附行為変更認可(わかくさ幼稚園設置者変更)(昭和54年3月31日設立)
4クラス150人定員。

平成6年2月
平成5年度教育課程研究集会で研究が認められ、県代表として全国大会に参加する。以降例年参加。

平成7年4月
帯山幼稚園に於いて統合教育開始


平成11年5月
わかくさ幼稚園駐車場用地、栽培園用地を取得。(213㎡)

平成11年8月
帯山幼稚園栽培用地及び駐車場取得。(655.45㎡)
平成14年4月

帯山幼稚園第2園庭取得。(835.96㎡)

平成15年8月
立田山屋外保育室用地を取得。(259.83㎡)(姉妹学園の中九州学園、中九州第三学園と共有)

平成16年6月
第20回全日私幼連九州地区会設置者園長研修(佐賀)大会に於いて、テーマ「教員の資質向上を自己点検・自己評価を通して考える」で、問題提起を行う。

平成16年7月
立田山屋外保育室建設(101.08㎡)(姉妹学園の中九州学園、中九州第三学園と共有)

平成16年9月
帯山幼稚園第2園庭に第二園舎建設。(184.85㎡)

平成17年3月

帯山幼稚園新栽培園用地、駐車場用地取得。(675.16㎡)

平成17年4月
帯山幼稚園にて特別支援クラス設置


平成17年12月

認可保育所 帯山のぎく保育園を設立(H11.8取得の栽培用地を転用) 90人定員。

平成18年4月
帯山幼稚園、9クラス250人に変更。

平成19年4月
帯山幼稚園にて統合支援室(たんぽぽルーム)を設置。
平成22年1月

熊本市人権啓発市民協議会学校教育部会第2回研修会に於いて、特別支援教育について実践発表を行う。

平成24年2月
第60回熊本小児保健研究会に於いて、特別支援教育についての取り組みを発表。(演題「“見える„“わかる„環境づくり」)

平成24年7月
第41回熊本県私立幼稚園研修大会に於いて、テーマ「子どもの発達と幼稚園教育の課題」で問題提起を行う。

平成24年12月
帯山幼稚園・帯山のぎく保育園、園舎本体改築

平成26年9月
帯山幼稚園、第二駐車場取得。

平成27年7月
第44回熊本県私立幼稚園研修大会に於いて、テーマ「共感し合える保育者と保護者との関係づくり」で問題提起を行う。

昭和61年~平成26年まで毎年

幼稚園教育課程熊本県研究協議会で発表。その研究が認められ、県代表として文部科学省主催の幼稚園教育理解推進事業(中央協議会)に参加する。

平成27年9月

帯山幼稚園、新園舎(0・1歳児保育室及び給食室)を増築。わかくさ幼稚園、1歳児保育室及び給食室を増築。

平成28年4月1日

帯山幼稚園・わかくさ幼稚園が幼稚園型認定こども園として認可。

平成29年4月1日

帯山のぎく保育園が「幼保連携型認定こども園 帯山のぎくこども園」として認可。

平成30年2月

帯山幼稚園、栽培園を拡張取得。(132.25㎡)

平成30年9月

文部科学省 国立教育政策研究所 幼児教育研究センターより依頼を受け、OECD国際幼児教育調査に協力する。

平成31年2月
熊本市私立幼稚園・認定こども園PTA連合会主催の特別研修会において、「特別支援教育についての現状および取り組み」の発表を行う。
令和元年8月
熊本市私立幼稚園・認定こども園協会の公開保育園となる。
令和2年2月
熊本県・熊本県教育委員会の幼稚園等新規採用教員・保育士研修の公開保育園となる。
令和2年4月
帯山のぎくこども園、第二園庭及び栽培園用地取得。(663.32㎡)
現在に至る。